海外旅行中に占いが楽しめる国はある?

みんなの興味

インドが起源の手相占い。
日本でも絶えずどこでも手相の占い師に出会います。
古のインドで人間の運命の研究がなされており、手相を見る手のひらが最も運命を表すそうです。
手相は変わるとも聞いています。
約3千年から5千年前頃に、インドで手相占いは始まりました。
そして世界中に広がりその後、インド占星術などいろいろな占術が始まりました。
台湾の占いは、中国から伝来したそうです。
中国の占いの歴史はインドよりは短く、4千年前頃です。
歴史はとにかく長いので、人の生活と共に発展していったのも理解できます。
占術は、手相や気功や風水などが主になります。
幅広い占術などで占いの盛んなインドでは、当初の占いの手相占いよりインド占星術が人気です。
占い師の数も多く占術を学ぶ人も多いことから、人気のある占い師限定でしか、外国人が占ってもらうことはないでしょう。
海外の場合は、占い師の日本語対応がないことが多いです。
台湾では占いを信じる文化もあって、生活に沿っています。
「占い横丁」も有名で、占いには特に興味が有る国民性のようです。
有名な占いスポットには、当たる占い師が存在して、現地人にも観光客にも御用達です。
日本語でコミュニケーションを取れる占いの店もあり、リラックスして、占った結果を伺えるかも。
一人一人運命は違い、その分占いも違うので、自分に合った占い師に占って貰うことが大切です。
占術も自分に合ったものを知っておく方が、助けになるでしょう。
高齢の占い師さんの場合、自分の生年月日からの計算間違いで明らかに他の占い師の占う属性と異なる場合は、不審に思ったところでご辞退するしかありません。