海外旅行中に占いが楽しめる国はある?

語学的な弊害

中国の易学

中国の北京などでも占いのお店が集まっているスポットがあります。
中国の占いは占って貰う人の生年月日と生まれた時間まで必要ですので、中国で占いをして貰う予定の場合は、旅行前に自分の生誕時間までをメモしておくことが必要です。
自分の生まれた時の母子手帳に記載されていますので、その時間が一番確かだと言えます。
北京などで、占い師は年配の方が多いので主にコミュニケーションが中国語で、英語や日本語が通じないので通訳ガイドなどに伺ってみるといいでしょう。
古の占いにおいては、見える星の動きからサンライズや日没の自然現象を信仰し、動物の行動パターンから神々しい意志を導き未来に起こりうる天災や災害に向け、切実な物であった歴史があります。
大陸などの生活体系に沿ったものであったことは確かで、島国の農耕民族とは違うかもしれません。

解き明かせない

現代人は結果を求めたがりますが、古は何のために占いをしていたのでしょう。
科学技術や知識で解き明かされないものが多い時代には、神様を尊重していたに違いありません。
人が全霊をかけて、神様への祈りの儀式を行い続け、スピリチュアルな占いに託していた思いは感じられます。
天災等による全民族の存亡の危機を予知するすべも託して、文明を継続させてきました。
国家権力者保持や国の統一や平安を保つことに注力して、争いごとの吉凶など政治的なものまで、占いで判断することをやめないので、相応の役割を補足したようです。
占いと宗教や祈祷は、とても密接な関わりがあります。
占いは長い歴史があり、人々の生活に溶け込んでいるのは確かです。