海外旅行中に占いが楽しめる国はある?

プラスにする考え方

楽しく受け止める

占いが必ず的中するとか絶対であるとか、自分の概念に固執するのは良くない行為です。
占い師のアドバイスを聞いてその通り行動を起こしたら悩みが全て解決などとは考えないことです。
自分で選択肢を得て、思った通り行動したことによる結果としての解決に違いありません。
自分の判断力が全て肯定的な意識につながり、問題を解決しながら前進できたと考えるべきです。
自身を持って生きていくことが前提です。
その場の判断の助けや、精神的な強さの支えにする意欲も、自分の意思です。
占いとはその場で悩みが深く視野が狭くならないための自分で選んだ言葉であり、誰にも相談できないことや、自分の行く道が分岐した時に、有利な判断を得る一つの策であるのにすぎません。
自ら楽しむ程度の気軽な気分でしか、占いをしてはいけません。

自分の精神状態を知ってから

向き不向きもあるようですが、楽しむ方法は相応の距離を保って占いをして貰うことです。
占い師に深刻に占って貰う時は、まず自分に問いかけることです。
どうすれば今後好転するか、について質問を行うと、具体的な相談にもなります。
相手は親族でも知り合いでもないので、占い師の答え方次第で自分自身が傷つくような質問の仕方はNGです。
コミュニケーションスキルの問題ではなく、知り合いとの問答にしても同様であるのは、下手な質問をすれば、相手の悪意をかうことがあるという事実です。
言葉の魔力で、まず、自分の本位である、幸せになりたいことを前提に、こうすれば幸せになりますか?金運が良くなりますか?と聞かなければ、占い師からも良い答えはいただけないことを知っておくことです。